famama雑記ブログ

小さな庭の管理人

U字溝で庭に小川を作る 2020年春

庭が完成して一年半。

花壇にも花が増え 落ち着いてきた頃。

ちょうどコロナが出始めた頃。

おうち時間が増え 水のせせらぎが庭で感じられたらなぁと思うようになりました。

こちらの記事では U字溝を使う注意点・作業工程・実際に作った際のトラブルや問題点をご紹介していきます。

庭でメダカが泳ぐ風景。

睡蓮鉢とはまた違った景色を見ることができますよ♩

 

 

 

注意点

こちらの小川を参考にされる際に注意して頂きたいことを先にお話ししておきます。

◎U字溝を使うことのメリットとデメリット

メリット
  • 丈夫
  • 年月を重ねると苔が生えたり雰囲気が出てくる
デメリット
  • 水が染み込む
  • U字溝はアルカリ性が強く そのまま使うと生体に害を及ぼすことがある

もしU字溝をジャボンと漬けられる容器がある方はミョウバン水に漬けておくとコンクリートのアルカリ性が中和されるようです。(Google先生にお願いします)

 

プラスチックのプランターなどで作ることもできたし

その方が簡単ではありますが

耐久性と雰囲気を考えた時に U字溝の方が自分のイメージに合っていたので、どうにかU字溝を使って作れないかと試行錯誤しました。

 

◎シリコンの注意点

こちらも必ずしも生体に無害とは言い切れません。

シリコンは色々な種類のものが売られています。

生体を飼う池などには使えないと表記されているものもあります。

特に防カビ防ダニ剤入りのものは生体に害を及ぼす可能性があるので避けましょう。

 

一例をご紹介します。必ず注意書きをよく読み 納得の上でご購入くださいね。色も様々あります。

また実際にご使用の際はコーキングガンがあると便利です。

 

我が家の場合ですが 完成後1年ほどは

  • 水質が安定しないせいか
  • 生体を入れ過ぎたのか
  • アルカリかシリコンの影響か

たくさんのメダカを☆にしてしまいました。

今いるメダカは2匹だけ。

しかしこちらの2匹は1年以上この小川で暮らしています。

今はこの2匹が寿命を全うするまで メダカは増やさず様子を見るつもりです。

以上をふまえ 参考にされる場合は 自己責任でお願いいたします。

 

庭のどこに作るのか

日当たりについて

水草を入れる場合、日が当たる方が光合成量は増えます。

しかし日が当たりすぎても、藻が生えたり、

夏は水温が上がりすぎる問題もあります。

簾などで日陰を作ってやる対策もあります。

その他 気をつける点

  • 子供が誤って落ちてしまわないか
  • モーターをつける場合はコンセントの位置確認
  • 水換えの時など 水栓が近くにあると便利

以上に気をつけて 設置するスペースを考えると良いと思います。

 

U字溝を埋める場所を整備する

我が家の庭はちょうど半日陰なので 花壇の横のスペースに作ることにしました。

でもタイルを敷いてしまった。

f:id:famama:20220123132317j:image

一度レンガタガネとトンカチで剥がしてみようと試みましたが、ビクともしない。

何よりカンカン!と音がうるさくて 近所迷惑〜!!

やはりセメントで固めてしまうのも注意が必要だと改めて思いました。

 

諸々を父に話すと 自慢の道具を色々持って すぐに来てくれました笑。

私のDIY好きは完全に父譲りです。

f:id:famama:20220123132356j:image

30分ほどでタイル4枚を剥がしてくれました。感謝!!

f:id:famama:20220123132335j:imageその後はコロナで休校中だった息子と土堀り。


f:id:famama:20220123132314j:imageタイルの端の残ったモルタルなどをタガネで除きます。


f:id:famama:20220123132320j:imageU字溝の両側には植物を植える可能性も考えていたので 培養土で埋めることにしました。底は平らになるように。

 

U字溝を加工する(水漏れ対策)
f:id:famama:20220123132353j:image

U字溝を2本買ってきました。

様々なサイズが売られていて驚きました。

ご自宅の庭に合わせて選ばれると良いと思います。


f:id:famama:20220123132344j:image

まずU字溝の端を堰き止める必要があります。

ホームセンターで売られているポリプレート?のような物(※1)を2枚重ねて強度を上げて端に貼り付けました。ハサミやカッターで切れます。

それと同時にU字溝が土に接する部分にはシリコンを塗りました。     

※1(色は様々あります)f:id:famama:20220123140134j:image

 


f:id:famama:20220123132404j:image

↑ 2本のU字溝を繋げるのもシリコン。

かなり重たいので 繋げたU字溝を水平を保ちながら穴に収めるのが地味に難しい作業です。1人では難しいかもしれません。

 

f:id:famama:20220123160927j:imageここで注意したことは 水抜き穴を作ること。

2枚重ねたポリプレートに少し切れ込みを入れ そこに鉢底ネットを挟んであります。

雨などで増水した時に水が溢れるのを防ぎます。

内側にはシリコンを糊代わりに砂利を貼り付けていますね。

メダカが逃げにくくしようと思ったのかな 理由は覚えてない笑。

 

モーターの準備


f:id:famama:20220123132329j:image少しでも川の流れのようなものを表現したくて モーターを取り付けることに。

はじめは色々な汚れが詰まりそうだったので 濾過マットでぐるぐる巻きに笑。

 

f:id:famama:20220123132347j:imageコンセントの加工です。

透明のホースに切れ込みを入れて コードを包むようにします。

その上からビニールテープをぐるぐる巻きにしています。

ここまでする必要があるのかわかりませんが 少しでも漏電予防。

 


f:id:famama:20220123132358j:imageモーターも設置。

画面手前の端にモーターが置いてあります。

手前から吸い上げて 画面奥の端のホースから水が出てきます。

 

私はここでミョウバン水を入れてモーターを回し 数日後に水を入れ替えるという作業を何度か行い さらに真水でも同じ作業を行いました。

 


f:id:famama:20220123132350j:imageいよいよ完成。

ここからはカルキ抜きをした水にバクテリアの素を入れて数日回します。

 


f:id:famama:20220123132407j:imageいよいよメダカの登場。水合わせをしています。

数日は機嫌良く泳いでいました…。

 

トラブル発生

f:id:famama:20220123132401j:image

ここでトラブルが。。。

ある朝見てみると 水が抜けている!!

雨が降った翌日でした。

色々検証した結果 隙間から漏れている様子はない。

原因は ホースの吐き出し口から伝う水が沢山積み上げた石を伝って外に溢れ 少しずつ水が少なくなっていったようです。

特に雨の日の翌日は浸透圧の関係?

石を伝って水が溢れやすくなっていたのかもしれないです。

とにかくホースから出る水が確実に小川に流れ込むようにすると トラブルはおさまりました。

 

このトラブルでは幸いメダカは皆無事でした。

以降 救済策としてモーターの下に鉢受け皿を置き 最悪そこに水が溜まってメダカが逃げてこられるようにしています。(が それ以降水漏れは一度もありません)

f:id:famama:20220123141602j:image

 

小川のレイアウト

f:id:famama:20220123132311j:image

色々な水草を置き 岩もたくさん置いて 自然の川を再現しました。

完成動画→https://instagram.com/p/B_CML20AC9G/ ぜひ動画でお楽しみください♡

 

底石は観賞魚用の小石を使っています。

赤玉土や ろ材を敷く方法は水換えの利便性から却下しました。

今までに何度かリセットした事がありますが

やはり小石だとやりやすかったです。

f:id:famama:20220123151010j:image
f:id:famama:20220123132337j:image

しかし季節は流れ夏になるとが生えたり 水草がかなり根を張って手に負えなくなったり。。

結局今は水替えのことも考え 苔付きの木と浮草だけ少し入れたりして かなりシンプルなレイアウトです。

今は水が減ったら足す程度で 水換えは半年に一度するかしないかです。

生体数も少ないからか水も汚れず うまく生態系が落ち着いているように思います。

 

f:id:famama:20220123132326j:image

夏には卵を産み 網に分けている様子です。

 

また補足等あれば追加したいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました😊

 


www.youtube.com

 

Instagram https://www.instagram.com/famama_small_garden

YouTube  https://youtube.com/channel/UCcUjuEJmXOELy5h18BAxgQQ

 

 

 

参考になりましたらポチッとして頂けると嬉しいです♩

にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村